更正登記
読み方:こうせいとうき
・解説
登記記録(登記簿)に登記事項を記載する際に、申請人または登記官の錯誤もしくは遺漏により実体と異なる登記がなされた場合に、これを訂正する登記のこと。

登記に錯誤または遺漏があることを登記官が発見した場合には、登記官は速やかに登記名義人にその旨を通知しなければならないとされ、当事者が更正登記を申請するよう促す制度となっている(不動産登記法67条1項)。

また、錯誤又は遺漏が登記官の過誤である場合は、更正登記を職権で行うことができる(同法67条2項)。
・関連用語
変更登記
・著作権・免責事項
著作権・免責事項について

会員様ログイン

おすすめ物件

 

検索条件をさらに絞り込む

物件種別

価格
間取り




専有面積
駅徒歩
築年数

 

売却物件はこちらをクリック

センチュリー21賃貸検索システムはこちら

過去1週間の人気物件

売買物件
賃貸物件

 

メールでのお問い合わせはこちらから

新規会員登録はこちらをクリック!