先行登記
読み方:せんこうとうき
・解説
不動産買主に融資をする金融機関が担保を確保するため、最終代金の決済に先立ち目的物の所有権移転登記などをすませること。

通常の不動産取引では、売主債務である目的物の引渡しと、買主の債務である売買代金の支払いは同時に履行されるのが原則である(民法533条)。

ところが先行登記を行なう場合は、売主が先に登記義務の履行するにもかかわらず、売買代金を回収できなくなるとういリスクがある。これを回避するため売主にローンの代理受領の権限を与えるなどの保全措置をとるのが一般的である。
・著作権・免責事項
著作権・免責事項について

会員様ログイン

おすすめ物件

 

検索条件をさらに絞り込む

物件種別

価格
間取り




専有面積
駅徒歩
築年数

 

売却物件はこちらをクリック

センチュリー21賃貸検索システムはこちら

過去1週間の人気物件

売買物件
賃貸物件

 

メールでのお問い合わせはこちらから

新規会員登録はこちらをクリック!