表示登記
読み方:ひょうじとうき
・解説
不動産の現況を明らかにするためにされる登記のことで、登記記録(登記簿)の表題部になされる(不動産登記法12条)。

土地については所在、地番地目地積(同法34条)、建物については所在、家屋番号、種類、構造、床面積等(同法44条)が表示される。

なお、表示登記のうち、表題部に最初にされる登記を表題登記といい(同法2条20号)、申請人は原則的にはその所有者であり、その所有権取得の日から1ヵ月以内に登記の申請をしなければならないとされている(同法16条、36条、47条)。
・著作権・免責事項
著作権・免責事項について

会員様ログイン

おすすめ物件

 

検索条件をさらに絞り込む

物件種別

価格
間取り




専有面積
駅徒歩
築年数

 

売却物件はこちらをクリック

センチュリー21賃貸検索システムはこちら

過去1週間の人気物件

売買物件
賃貸物件

 

メールでのお問い合わせはこちらから

新規会員登録はこちらをクリック!